1. HOME
  2. サービス
  3. パレット管理システム

パレット管理システム

特徴

パレットの個別管理により物流管理を大幅に効率化!

物流の効率化を進める上で、一貫パレチゼーションは有効な手段です。
しかし、パレットの回収・管理が不十分だと、パレットの紛失や流失が発生し、大きなコストアップとなってしまう事が考えられます。

※一貫パレチゼーションとは。
貨物を一つのパレットに載せて、目的地まで運ぶ輸送方法。「積替の際に、フォークリフトが使用できる。」、「パレットの載せ替えの手間がはぶける。」など、輸送の効率化を 図ることができる。

TDSの「パレット管理システム」は、貴社の物流管理を強力にサポートします。

  • RFIDの個別管理

    「RFID(微小無線ICチップ)」を使用してパレットごとの情報を取得することによりパレットの個別管理を実現。

  • パレットの紛失・流失を防止

    個別IDを振り分けたIDタグを取り付けることで、パレット1枚1枚について、いつ・どこへ貸し出したかを管理が可能。

TDS情報処理センターによるきめ細かな
パレット管理をご提供致します。

※RFIID(Radio Frequency Identification)とは。
ICタグを用いて、無線通信で情報をやり取りする技術。パレットに取り付けることにより、パレット1枚1枚の個別情報の取得が可能となる。

「パレット管理システム」の流れ

  1. Step1

    情報読み取り

    ゲートを通過する事で、パレットに取り付けられたICタグの情報が読み取られます。バーコードと違い、複数のパレットを同時に読み取ることが出来ます。

  2. Step2

    データ転送・蓄積

    読み取られた情報は、一旦サーバーへ保存。自動処理でネットワークを通じて、情報処理センターのデータベースへ転送されます。

  3. Step3

    Web閲覧・出力

    データベースへ蓄積された情報は、様々な帳票として加工されます。加工された帳票はインターネットを通じて、お客様のPCから閲覧・出力が可能です。

「パレット管理システム」によるメリットとは?!

ICタグを通じて取得した情報を最大限に活用。様々なメリットをもたらします。

メリット1

需要家での滞留防止 紛失・流出の防止

パレットの移動履歴(出荷・回収など)を管理することで、パレットの所在位置を把握します。

メリット2

パレット購入計画の効率化

パレットの総数を管理することにより、不足枚数を事前に把握できます。

メリット3

現場作業の軽減 作業効率の向上

ICタグを使用する事で、複数のパレットを同時に読み取ることが可能です。

メリット4

パレットの個別情報の活用

データベースへ蓄積された情報は様々な帳票として出力可能です。

  • コンテナーバッグ管理システム
  • パレット管理システム
  • プラスチックコアの メンテナンス
  • レンタルシステム
  • 定期回収システム
  • リターナブル資源管理(comp)
  • 在庫所在管理(wiss)
  • サービス一覧
まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせフォーム