1. HOME
  2. 企業情報
  3. QCサークル・5S活動

QCサークル・5S活動

QCサークル活動

TDSグループでは品質向上に向けてたゆまぬ取り組みを実施してきました。
毎年TDSグループQC大会を開催し、QCサークル活動を推進しております。

QCサークル活動とは?

QC(Quality Control) サークルとは第1線の職場で働く人々が、継続的に製品・サービス・仕事等の質の改善を行う小グループ活動のことです。自主的な運営を行う中で創造性を発揮し、自己啓発・相互啓発を図り、活動を進めます。

全グループ・全社員によるクオリティの追求

TDSでは、この活動が企業の体質改善・発展に寄与する人材育成、職場活性化の重要な活動として位置付けています。
経営者、管理者自らTQM(Total Quality Management)等の全体的活動を実践するとともに、全員参加を目指した指導・支援を行っております。

QCサークル活動の基本理念

QCサークル活動の基本理念

5S活動

TDSグループによる5S活動の実践

TDSでは、お客様の意識、効率化、ムダ取り、品質向上が実践的に継続できるように、TDSグループ各社に対して5S監査を実施しています。
監査レベルは5段階で(5:良い⇔悪い:1)、出来ている状態を3、知恵活用で4、驚き・感動の5レベルで設定。評価のバラツキをなくす為に一人の眼で監査をおこなっています。

5Sの効果 1.仕事のムダの減少
  • 物を探すムダの減少
  • 仕掛品の管理による運搬のムダ
  • 指示の徹底によるムダの減少
2.品質のムダの減少
  • 材料間違いのムダの減少
  • 図面、仕様書管理によるムダの減少
  • クレーム対応のムダ減少
3.安全の確保
  • 通路の確保による安全
  • 表示の徹底による安全
  • しつけの徹底による安全作業
4.納期の確保
  • 情報管理による指示の明確化
  • 現品管理の徹底による統制の向上
  • 肯定の管理による督促の徹底
5.モラールの向上
  • しつけによる時間管理の徹底
  • しつけによる服装の徹底
  • しつけによるあいさつの徹底
6.営業の効果
  • 5Sによるお客様への信頼の向上

監査結果に対しては、トップクラスとの面談、生産としてのあるべき姿の合意を取り付け、各社での対策・展開という形で進めています。
監査後はトヨタ生産方式を軸にした実践形式の勉強会を実施し、5S活動、改善に役立つ基礎と基本の習得に取組んでいます。
現在、各社それぞれが目標を持ち、5S活動・改善活動を通して、対策を実施・継続中です。

5S活動イメージ図

5S活動イメージ図

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせフォーム